初めてママロク

初めての妊活から妊娠、妊娠中の切迫流産などのトラブル、仕事と妊娠について書いています。

切迫流産で入院。Day5 入院生活の流れ。妊娠して入院するなんて思ってなかった~!想定外ばかりの妊娠生活。ハッピーマタニティライフは何処へ...

入院5日目となり、お腹の痛みや出血も無くなってきた頃、一日の流れが把握できるようになってきました。

6時30分 起床
窓の外が明るくなると、眠りが浅いせいか自然と目が覚めます。寝るのも早いですし夜に何度も目覚めますしね。お手洗いに行ったり洗顔シートで顔を拭いたり。病室に洗面台があったのですが、高さが微妙で屈むと足腰が痛いし座ると太ももプルプル...使いにくかったので洗顔シートはとても役立ちました。これは出産入院のときにも持っていこうと思います。
▼スッキリして保湿もされるので癒されます。入院中数少ない美容タイム。自宅では寒くて洗面台に立ちたくない冬にも使っていました。

サボリーノ 目ざまシート 32枚

7時 朝の検診
助産師さんがカーテンを開けて「おはようございまーす」と寝起きドッキリかのように小声でやってきます。血圧、体温、ドップラーで赤ちゃんの心拍確認。同室の妊婦さん達はもう赤ちゃんが大きかったので、NSTでドクドクドクドクッと赤ちゃんの心拍が響き渡っていました(笑)30分くらい続けるので本人達は大変そうですが、私の赤ちゃんもこんな風になるのだなー、と楽しみで癒しの時間でした。

私はというと、赤ちゃんがまだ約6cmと小さく子宮の中を自由に動き回るので、助産師さんがドップラーをクルクル動かしながら赤ちゃんを追いかける毎日(笑)「すみませーん」とお互いに謝りながら元気な赤ちゃんに喜んでいました。たまに捕らえられない助産師さんがベテランの方を呼びにいくことも...でも毎回元気でした。

7時30分 朝食
お腹が空いたり食べられなかったり。薄味でおかずにならないようなものが多く、白ご飯を完食するのに苦労しました。そのうち残すようになり、助産師さんから、パンにできるとも言われましたが、まだつわりがあったのでパンは余計に辛いと思い、ご飯の量を減らしてもらいました。栄養を考えて作られているのでしょうが、ほうれん草などの葉物お浸しは、絞りすぎてカスのようになっていてとても食べる気がしませんでした。栄養ほとんど無くなってるんじゃないかな...
f:id:papatomamaninaru:20180726114350j:plain

10時30分 午前の検診
起床後の検診と同じことをしてもらいます。たくさん聴けて嬉しい!でも一説には赤ちゃんはエコーを嫌がるとも聞いたので、本当はあんまり良くないのかな。産婦人科によっては控えるところもあるみたいです。

11時 回診
助産師さん方全員での回診があります。パソコン2台くらいで私の症状や経過を確認し共有しています。助産師さんの顔も覚えられるし、ちゃんと見てもらってる安心感がありました。毎日心強い言葉をかけてもらい、励みになりました。

12時 昼食
お肉かお魚のメニューが出ます。ついさっき朝食を食べたばかりなのでお腹が空いてるわけもなく...たまにカレーやハヤシライスが出ると幸せを感じました(笑)
f:id:papatomamaninaru:20180726174148j:plain

15時 午後の検診
3回目の検診です。赤ちゃんを感じる愛しい時間。

16時 シャワー
私は切迫流産で絶対安静だったので、移動は近くのお手洗い以外全て車イスで運んでもらっていました。そのためシャワーに行く時間を事前に助産師さんと調整し、シャワー室が空いたら運んでもらい、終わったらまた来てもらう日々...このおかげで脚力がだいぶ弱りました。

17時30分 夕食
昼食のときよりはお腹が空いた状態で食べられます。
f:id:papatomamaninaru:20180726174417j:plain

20時 検診
日勤と夜勤の助産師さんが交代するので、夜勤の方が検診してくれます。私が入院した病院では、交代しますねー、変わりないですか?と丁寧に確認に来てくれました。どこの病院もこうなのかな?初めて入院したので、感動してました(笑)

22時 消灯
全く眠くないですが寝る時間です。スマホ見たりはできますが、テレビは隣のベッドに光が差して邪魔にならないかと心配で、見てませんでした。たまに隣の人が本を読もうとしたのかヘッドライトをこちらに照らしてきて起こされることもありました。大部屋なので仕方ないですが、他の人の寝返りやお手洗いに立つ音、夜中に薬を飲んでいる音など気になることは結構ありました。神経質な人は迷わず個室がいいですね!


こんな感じの一日です。本当にストレス...暇すぎてしょうがないし、昼寝にも飽きます。空き時間は本を読んだりペン字練習をしてみたり。絨毛膜化血腫は治療方法がないので安静にするしかないようです。この生活にストレスを感じる度に、何でこんなことになったのか原因を考え込んだりしました。