初めてママロク

初めての妊活から妊娠、妊娠中の切迫流産などのトラブル、仕事と妊娠について書いています。

【体験中】妊娠あるある...妊娠中期に効果があった便秘解消法

f:id:papatomamaninaru:20180725134715j:plain安定期に入りつわりからも解放され、元気に動ける日が増えたのも束の間、新たなマイナートラブルが.....噂の便秘。妊娠中期は便秘になると色々なサイトや本に書いてあったけどこんなに苦しいとは...!もともと快便体質なので、妊娠初期に一日でも出ないと気持ち悪くなっていました。

ところが妊娠中期に入って三日出ない時期が。苦しい...お腹が大きくなってきてるのもあって余計辛い。

切迫流産について書いていましたが、最近あまりにも感動したので(笑)その時の解消法から、日頃の食生活で効果があったものをご紹介します!(リアルに書くので苦手な方はご注意を)まず三日出ない便秘を出そうとした時。いきむと赤ちゃんが苦しくなるのではと心配になり、あんまりいきみ続けると目眩がして...を繰り返していました。


まず試したのは自然な和式スタイル

洋式トイレで和式トイレのような体勢をつくるには、15cm位の台に両足をのせて膝を曲げること。こうすると腸が自然な形になって出やすいらしい。実際に和式トイレだと、大きくなったお腹を潰してしまいそうで怖いし、何より筋力が落ちた脚が自分の体を支えられません(笑)昔の人はすごいなー、、のでこのやり方なら無理なく和式スタイルをつくれます!!

この時点で出るとすんなり解決!...ですが私は出そうで出ない!頑固な便秘には勝てませんでした。


薬に頼ってみる

以前、切迫流産になったときに産婦人科からダクチル(お腹の張り止め薬)と一緒に処方されていた酸化マグネシウムを服用しました。こまめな水分をとるのを忘れずに!

なんとなく腸が動き出した感じがして、ガスが出てきました。だけどこれだけではすんなり出ない!あわせて和式スタイルを試みましたがダメでした。


手技を試す...やっっと効果が!!!

もう、ここまで来たら産婦人科か肛門科で摘便してもらうしかない...(泣)とやり方をググりました。ちなみに夫も同じタイミングで摘便方法を調べ、もしもの時は自分でやってあげよう!と考えていたらしいです(笑)その中で見つけたのが、肛門付近の肌を引っ張る、手で押してみるという方法。どうやら肛門手前で固まった便を、肌を引っ張ることで出やすくしたり、手で押して出やすい形にするようです。

いざ...肛門の上の皮膚をちょっと引っ張ってみる...あんまりやると切れ痔になってしまうので慎重に...なんか出そうだけど出ない!次に恐る恐る、肛門の3cmくらい上を押してみる...感触がある!薄い皮膚の上から触っているので、そこに便が固まっているのがわかります。優しく押して出やすくしてみる...もう、この時点でイボ痔になっていたので、肛門がドクドクしているのがわかります。

そしていきんでみる...出そう!何度か繰り返していると...自分の意思に反して(!)勝手にいきんだり腹筋に力が入って便を押し出しました。まるで反射反応を起こしているようで、腹圧が赤ちゃんを苦しめていないか心配でしたが...落ち着いた頃にはスッキリ!!!出口の便が出たことで、ズルズルッと流れたみたいです。

赤ちゃんは...うん、お腹の張りはありません。便秘が解消された喜びを夫に伝えると「おめでとう!良かったね!」と一緒に喜んでくれました。ここまでの戦いで私の肛門には見事にイボ痔が...出産のときに痔になるとは聞いていたけど、まさか妊娠中になってしまうとは...妊娠って大変。


大切なのは食生活
こんなことになる前に、自分に合った便秘対策を見つけておくべきでした。しかし何もしていなかったわけではなく、さつまいもやプルーン、サラダ、海草で食物繊維をとったり、ヨーグルトやミルミルで善玉菌を増やそうと試みたりしていました。しかしヨーグルトは商品によって含まれている菌が違うので、約2週間試してみて、自分に合っているかどうか試す必要があるようです。ちなみに便秘に効果があるのは夕食後の20~21時頃。食べ続けてると腸内が菌に慣れてしまうので、一度効果があっても食べ続けていたら効果を感じられなくなったり。これはオリゴ糖も同じでした。


私はカイテキオリゴを試しました。夕食後と朝食後のヨーグルトに混ぜ、味はちょっと甘くなるかな?くらいでした。急激な体重増加が怖い妊娠中は甘いのを食べれて嬉しいかも。今でも量を調整しながら便秘予防のために食べ続けています。効果が薄れたときは一日の摂取量を調整すると良いと説明書に書いてありました!
▼試したのはこちら
カイテキオリゴ

あとはテレビでやっていた「キウイにオリーブオイル」。キウイを半分に切り、真ん中をスプーンでくりぬいたところにオリーブオイルをたらして一緒に食べるというもの。朝夕食前に食べています。オリーブオイルは生でも食べられるエキストラバージンを。妊娠7ヶ月に入り毎日体重計を睨んでいる身としては、甘いものを食べる抑制になっています。「あぁ、ドーナツ食べたい...でもキウイ食べられるから我慢しとこう」てな風に。


今のところ一番効果を感じている食べ物はコレ!!
あるときテレビのダイエット企画で出ていたもち麦!40歳手前で運動不足、最近は自分のことを「デブ系男子」(ぽっちゃりは越えていると私が指摘したため)と呼んでいる夫に教えると、すぐに購入していました。届いてからは毎食もち麦ご飯です。我が家ではお米二合にもち麦大さじ三杯、プラスで水60ml。食べるときはよく噛んで、水分と一緒に摂ること!これ重要です!水分がないと、また便が固まってしまいます。夫のダイエット用に購入しましたが、食べ始めた翌日から私にも嬉しい効果が!妊娠前と同じような、スルスルッとした快便が戻ってきました!朝食1時間後頃が一番腸の蠕動運動が活発だと聞き、必ず時間をとるようにしています。今ではその時に必ず便が出るように!さらに妊娠中期には感じられなかった便意を感じるようにまでなりました!嬉しい~こんな日々が戻ってくるなんて(泣)快便がこんなに幸せなことだとは。これはぜひオススメしたいと思います。
▼試したのはこちら
本当に美味しくて栄養価の高い雑穀米


以上、妊娠7ヶ月までで効果があった便秘解消法でした!今では、朝食前とたまに夕食前にキウイ&オリーブオイル、食事には毎回ワカメやもずくなどの海草、黒豆やいんげんなどの豆類、豆腐や納豆、野菜を意識して摂る、夕食後はオリゴ糖入りヨーグルト、という食生活を続けて快適な日々が続いています。もちろん、毎食もち麦ご飯!!便秘がひどくなるまでは甘くみていましたが、念には念を!です。なってしまってからでは遅いし、解消するのが本当に大変。それに、お母さんの腸内環境が赤ちゃんの体質にも影響を与えると聞いたこともあるので、私は余計気をつけるようにしています。

妊娠後期になっても便秘にならずに済みますように。

元気な赤ちゃんのためにたっぷりの栄養を【ALOBABY葉酸サプリ】