初めてママロク

初めての妊活から妊娠、妊娠中の切迫流産などのトラブル、仕事と妊娠について書いています。

切迫流産で入院。Day1

f:id:papatomamaninaru:20180720202322j:plain
救急車で運ばれたのが夕方だったので、
診察や血液検査を終えて病室に入ったのは
19時頃でした。

病室は四人部屋で皆カーテンがきっちり
閉められていてなんだか閉鎖的な感じ...

まぁでもプライバシーが守られていいのかな!


しかも産婦人科病棟は新しく綺麗だったので
ちょっとワクワクすらしました(笑)
安心した証拠ですね。

入院したことがなかったので
勝手がわからず聞いたら、
『入院のご案内』という冊子をくれました。

(準備するもの多い...)


お義母さんと義妹が洗面道具やら衛生用品を
買い出しに行ってくれている間、
夫がコンビニで夜ご飯(麻婆丼)を買ってきて
一緒に食べました。


「なんで血腫なんてできたんだろうね」
「赤ちゃんも狭くて苦しかったかな」
「ここに入院してずっと診てもらえるなら
安心だよ!」
「入院2週間だって...暇そうだね」
「テレビどうやってつけるのかな」
「入院ていくらくらいかかるのかな」





痛さと怖さから解放されたのと、
入院した安心感が入り交じっていました。

私が運ばれた病院は、その地域では
一番大きな総合病院。
だけど私にとってはほとんど知らない土地。

休みが終われば夫は車で1時間の自宅に戻ります。
すぐには会えない心細さもありつつ...
でも今は赤ちゃん第一!


頑張ってお腹に残ってくれたことに
感謝しました。大事にしよう。私が守ろう。


自分が絶対安静の身になって
皆にお世話してもらう申し訳なさがありました。

赤ちゃんを産むって本当に命がけで、
皆の力を借りるんだ...


一先ず身の回りのものが揃って、
皆が病室を去るとき。
また明日くる、という言葉に安心していました。


一人になって消灯時間。

その日は救急車で運ばれたり
言われるままに検査などを受けたので
疲れていましたが、寝る頃にはやっぱり
不安や心細さがあって
なかなか寝付けませんでした。