初めてママロク

初めての妊活から妊娠、妊娠中の切迫流産などのトラブル、仕事と妊娠について書いています。

妊娠初期の情緒不安定

[f:id:papatomamaninaru:20180719230855j:plain
]8wから一ヶ月間、つわりがひどくて仕事を休職しました。

朝は夫が出勤するのを布団から見送り、
夜は仕事帰りに買い出しをしてくれました。

それまで夫は、「職場の人はつわりがひどい時は
早めの電車で最前車両に乗ってきてたみたいだよ。」「みんな働きながら耐えてたみたい」とアドバイスをくれましたが、私にとっては苦痛でした。

朝は体調が悪すぎて、ただでさえ準備に必死なのに、電車が空いてる程早い時間に家を出ることができませんでした。

マタニティマークを貰っていましたが、暴力や暴言にあったら嫌だと思い、怖くてあまり付けられませんでした。どうしてもきつい時に何度か付けてみましたが、そのおかげで電車を譲ってもらえたことは一度もありません。

職場に着いたらひたすら吐き気に耐える日々。

それが無くなっただけでだいぶ気が楽でした。



だけど夫からすれば、なんで他の人は大丈夫なのに耐えられないんだろう、寝てていいな、と思われてそうで辛い部分もありました。

つわりの苦痛と、何で自分はダメなんだろう、と悲しくなって布団で泣くことが何度もありました。

誰とも会わず、つわりがいつまで続くのか、対策、原因などをネットで調べていると、ますます悲しくなりました。

そんな中で、夫の飲み会が続くと、自分が放ったらかしにされてるようで、その度に泣いていました。仕事の飲み会は許せても、友達との飲み会は絶対許せない。私はこんなに大変なのに自分だけ遊びに行くなんて。

夫はきっと、それをカバーしているつもりで、色々としてくれてたのかもしれません。

ネットで見ていると、つわりが辛くても「ご飯まだ?」って言われたり「ただ寝てるだけでしょ」なんて言われる体験談があって、うちは良い方なんだ!と受け止めることにしました。

母につわりの相談をすると、母は私たち三人姉弟の三人とも、死ぬほどつわりが辛かったそうで...点滴生活だったそうです。
しかも父は自分で料理をする人じゃない!大変だったんだなー、と感謝しながらも、昔の人とはいえ、父を恨みました(笑)

つわりがひどかったのは二ヶ月くらいでしたが、もう二度と味わいたくありません...